重い、ダルイ、ヤル気が出ないとサヨナラする。

はい、三木整体コジマです。

本日もブログを読んでいただき

本当にありがとうございます

昨日から

身体の重い

ダルイ

ヤル気が出ない

と言う状態について考えています。

なぜこのテーマでブログを書くのかなのですが、整体を学ぶまで、まさに僕も身体が重くてダルイ奴だったからです笑

それも夏場が酷くて、毎年毎年、夏がキライでした。

疲労感が凄くて、十分な睡眠時間を確保しても疲れが残ったり、身体が重い、ダルイ、頭も冴えない、ヤル気も出ない

それはそれは酷いモノでした。

それが整体師になって、身体の事を勉強して、色な経験や知識を付けて実践していくと、そういう事が無くなってきて、今では夏が大好きになって夏を楽しめるようになっています。

なので、同じように身体が重く感じたり、ダルかったり、ヤル気が出ない事に悩んでいる人のお役に立てればと思ってこのテーマに取り組んでいます。

はい、それではやっていきます。

昨日は首、特に環椎について詳しく書いていますので、今日が初めてで興味のある方は昨日の記事も読んでみてください。

今日も同じく首ですが、場所が変わって斜角筋についてお話していきます。

斜角筋は僕のブログの中でも何度も出てきていますが、アナトミートレインさんで言うDFLディープフロントラインに属し、腰痛や肩コリでも必ずチェックする筋肉です。

DFLは俗にいうインナーマッスルで、身体の深い部分の筋肉です。

斜角筋を緩める事は首の重ダルさを取るだけでなく、筋膜の繋がりによって肩や体幹の深部筋も緩める効果があります。

斜角筋は前、中、後の3つに分かれていますが、近くに重要な血管や神経が通っているのでいつも触診には気を使います。

触診のポイントとしては絶対に強く押えないことです。

斜角筋でググってもらえれば見事な解剖学図が沢山出てきますので、是非調べてみて下さい。

もう一つポイントがあって、斜角筋が不定愁訴の原因になっているのか?

これを評価する必要があります。

評価に基づき、原因であればケアしていく、と言う考え方が大切になります。

ここの筋硬結が原因だった場合、筋硬結をリリース出来ると身体全体が軽くなったような感覚が起きることがあります。

評価とセルフケアの方法は重要な神経とか血管をかわさないといけなかったり、タッチの感覚がシビアな場所なので施術を受けて頂いた後とか、直接お会い出来た時に詳しくお伝えさせてもらっています。

首からのアプローチで身体のダルさを改善する方法があるので、興味のある方は是非一度僕の施術を試してみて下さい。

それでは今日はこの辺で

()

ココまで読んで頂きありがとうございます。

ここからは

身体の痛みに本気で悩んでいる方だけ読んで頂ければと思います。

肩コリ、腰の痛み、膝痛、等、本気で何とかしたいと思っている方。

病院ではレントゲン写真を撮り、湿布を出されて終わりだった。

整骨院では運動療法や高周波、ホットパックをあてて終わりだった。

整体院では骨をボキボキ鳴らされたり、痛いのにグリグリ揉まれて辛いだけだった。

何処に行ってもダメだった。

そんなあなたに、あなたの身体を諦めて欲しくないと僕は思っています。

僕の施術は痛くありません、怖くありません

筋、筋膜経線に基づく特殊な方法で痛みの原因部位を特定し、身体の痛みを根本から改善していきます。

もちろん、整体は魔法ではありません。

何でもかんでも良くなったり、痛みが全て取れる訳でもありません。

症状や原因によっては、僕ではどうする事も出来ない場合もあります。

ただ、あなたの痛みの原因が、

筋、筋膜の硬結であれば、

僕の施術がお役に立てるかもしれません。

もし私の施術に興味を持って下さったのなら

お気軽にメールでご相談下さい

メールを送っても、毎日ひつこくメルマガが届いたりする事はありません。

メールを送っても、施術を受ける必要はありません。(施術を受けてみたいと思ったら、その時にまたご連絡下さい)

メール

gmailcom

三木整体児島大樹

それでは最後に営業案内です!

香川県で肩コリ、腰の痛み、全身疲労などにお悩みの方はどうぞお気軽にご相談下さい!

料金は

60分4000円

初回のみ

60分1980円

完全予約制になりますので、

お電話またはメールにてご相談下さい!

(施術中など電話に出られない場合がございます。誠に申し訳ございませんが、なかなか繋がらない場合はメールにてご連絡いただけますと幸いです。お気軽にお問い合わせください。)

三木整体

電話

087-813-6634

メール

gmailcom

住所

三木町井上2750-5

本当に、お気軽にお問い合わせ下さい。

あなたの身体と本気で向き合わせて頂きます。

それでは、ご連絡お待ちしております。