私にとって傲慢といえば、やはり口から出てくるコト、コトバが災いになることが多いように思います。

相手の気持ちに立って考える。

理屈は、わかる。

だけど、あれよあれよ、いつの間にか、またやった、ということになっている。

やはりバランス感覚か。

相手のキモチや立場に立って発したつもりのコトバが、実は、自己都合を美化してただけだった、ということなのかもしれない。

たぶん、相手のキモチや立場に立つというのは、かなりその場その場の自らの感情に左右されているような気がします。

相手にコトバが届く前に発する私に問題があるのだとすれば、むしろ、コトダマというコトバがあるように、コトバを生かす、そういうキモチが大切なのかもしれない。

発するコトバに魂を宿らせる。

そういうことかもしれない。

一言、一言を大切に

コトバを生みだす瞬間を大事にして、

心を込めてコトバを発する。

コトバに愛をのせる

そうすれば、口は災いの元、ということはなくなるかもしれない。

少しは口数が減って男らしさも増すかな笑

広告を非表示にする