命よりも、大切なもの…………

月曜日は…………

コードブルーの日(*^◯^*)

いつも、観ながら…………

『命』について、色々考え、学ばされる(−_−;)

今日も、色々、問いかけられた氣がした。

ドラマの中の、色々な場面で、大切なメッセージ

が…………

ご主人が、本当に生きたがっていたかどうかは、わたしたちにも、わかりません。

ですが、少なくとも、身体は生きたがっていた。

同じケガで命を落とす人も少なくありません。

でも、秋元さんは生きた。

ダメージコントロールは、患者さんの生命力に問いかける行為です。

秋元さんの身体は、生きたいと答えてくれた。

身体が答えてくれるまで、私達は24時間待った

でも、心が答えてくれるまでは、きっと、もっと、時間がかかると思います。

早く教えてもらえれば、早く次に向けて動き出せる。

それは、統計上の話でしょう

俺には当てはまらないかもしれないじゃない。

俺見えてますからね!

厨房に立ってる姿が

これで復帰が早くなる

起きちまった事は、変えられないんだ

今しかない

だったら、今、この瞬間を、どう生きるかですよ

ただ恐いって。 恐くて………

僕は臆病者なんです

僕は医者には向いていません

ダメージコントロールの1番のポイントは、臆病である事

あの時、このままやるのは危ないって、手術を一旦中断したから、今、秋元さんは生きてる

その判断が出来たのは、相澤先生にも臆病な一面があったからよ

だけど、臆病である事も、医者の素質として、私は必要だと思う

命と、命よりも大切だと思うものを、どちらかを選ばないといけない時、医者は命を優先する。

命さえあれば、いつか大切なものを失った辛さをも、乗り越えられると医者は、信じているから。

けれど、失うものが、あまりに大きい時は………

普通の女の子だったら、こんなに悩む事はなかった。

医者は、どうすればいいのだろう

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『命より、大切なもの』…………

生きるのではなく、生かされているし…………

起きてしまった事より、今という瞬間を、どう生きるのか!?

時に『臆病・恐い』という、マイナスな感情が、命を救う事さえあるし…………

医者は、命を優先する…………

病気が治った後の自分を、イメージ出来るか!?

色々感覚させられました(−_−;)

それと同時に、自分が、どう生きていくのか!?

問われてる氣がした(−_−;)

やっぱり…………

『命の大切さ』について、私に、伝えられる事が、あるかもσ(^_^;)